アパレルオンラインショップ、成功への課題

2014.08.25海外,WEB
Pocket

rightFit

アパレルを扱うオンラインショッピングは、サイズ選びに関する問題をさておけば、欲しい物がすぐ手に入る便利なツール、という代名詞になりつつある。商品画像においては、その高度な技術によりズーム機能を使ったり、360度、どの角度からも確認出来るようになってきた。しかし冒頭にも述べた様に、サイズ選びについては未だ課題が多く残っているのが現状だ。
Forrester Reserarchによると、ヨーロッパでのオンラインショップの返品率は通常20%~30%だという。※日本では3%~4%と低い。
この数値はオンライン小売業者の収益性に多大な影響を及ぼす。では、どうすればサイズ選びの問題を解決できるのか。過去5年間でオンラインショップを始めた人々は、様々な方法でこの問題について取り組んできた。方法としては、アルゴリズムに基づいて最適なサイズ数値を割り出し推奨する、マネキンを用いて特定のサイズを着せる、ユーザーに自身のサイズを入力させ、そのサイズに合った商品を推奨する、等である。

 ベンチャーキャピタルは多くの”サイジング事業者”に投資を続けているが、ユーザーの利用は急増していない。

”Business of Fashion”(http://www.businessoffashion.com/)によると、オンラインショップでのサイジングサービスの採用率はわずか3%に留まっている。言い換えるならば、サイジングに関するこれらの新しい試みは、説得力に欠けるということだろう。需要がなければA/Bテストも意味がない、ということだ。

ベンチャー投資家がお金を注いでいる事実と、ベンチャー企業が直面する”サイジング問題”は、逆に捉えるならば未来に見える可能性の象徴と言ってもいいのかもしれない。しかしデジタルの世界で”正確”さを求めるのにも限界がある。
その中での最善策といえば、良いレビューと、より細かなサイズチャートとのコンビネーションではないだろうか。また、料金面において最大15ドルを釣り上げ、高級感を出すことで返品率の低下を図った企業もある。これらの方法を実行したベンチャー企業は、最大で50%の返品率削減に成功している。

20%~30%、もしくはそれ以上の返品率が利益性に大いに不利な影響を及ぼすことは間違いない。しかしこれはデジタルの世界ならではの、”許容範囲内”の弱点なのかもしれない。サイジングは文化の特徴をよく表す。例えばイタリアでは、ドイツよりも、もっとタイトなサイズ選びをする。このような国々でのサイズの感覚の違いが今後どのような形でサイジングに反映されてくるかは、楽しみなところである。

 

Clothes Horse

clothesHorse

Clothes Horseはサイジングについての様々な問題を解決しています。
サイズはユーザーの体型の詳細やお気に入りの洋服から割り出され、推奨されています。このようなデータ駆動手法はユーザーの購入決断力をアップさせ、それは売上に繋がり、返品率を下げ、その結果信頼度が上がることとなります。

 

Fits me

fitsMe

2010年に立ち上げられた、バーチャルフィッティングソリューションの大手プロバイダーです。イギリスのロンドンに本部を置いた非上場会社で、その投資家は、Smarrcap, Conor Venture Partners, The Entrepreneur’s Fundに加え、エンジェル投資家もいます。

 

Metail

metail

2008年に誕生したMetailは、サイジングの問題に対して、ケンブリッジ大学から発表されている高度なコンピュータテクノロジーを用いて躍進を遂げています。7人の学術博士を含むチームと、5.4millionポンド(約93億円)の資金を引っ提げてオンライン上での信頼できるガイドラインとして進展しています。

 

Virtusize

virtusize

Virtusizeは2011年秋に誕生しました。Virtusizeはオンラインショップの運営者が簡単に購入できるバーチャル試着ツールを提供しています。また、オンラインショップのユーザーがぴったりサイズを選べるようにお手伝いします。今では100ヶ国以上の消費者によって使用されるまでに成長しています。

 

<原文ママ>
———————————————————————-
rightFit

Online shopping has brought the shopping experience right to our fingertips – the fitting is a different question altogether, though. While visual representation of products has become very sophisticated and professional with 360 degree animations and often many high -quality photos with zoom function, the fitting part is still a bit hit-or-miss. 

According to Forrester Research, the usual return rate lingers between 20-30%. This cuts immensely into the profitability of online retailers but how can the fitting issue be solved? In the past 5 years a few ambitious start-ups have tackled this issue from various angles. Some are based on algorithms to calculate best fit suggestions, others use virtual mannequins to simulate a certain fit according to various sizes and other rely on the user providing their own measurements to come up with appropriate sizes.

Venture Capital keeps coming in for ‘fitting’ ventures but, still, their use by customers has not skyrocketed.

According to a feature on ‘Business of Fashion’, the adoption rate lies only around 3%. In other words, these new features to ascertain the right size are not intuitive and efficient enough yet to really be convincing. Even A/B testing is useless with such low usage.

The fact that venture capitalists are pouring in money and quite a few ventures have gone into this ‘fitting’ game should be proof of some potential merit. However, is the ‘right fit’ maybe limited by the digital, non-tactile nature of e-commerce? Maybe the combination of good reviews and detailed sizing charts are the best solution. Fitting solutions also seem to be on the pricey side, inflating each item’s price by up to about 15 USD. At the same time, some ventures of fitting solutions claim to cut product return rates by up to 50% if used.

For sure, return rates of 20-30% or even more can represent quite a dent in profitability. This is, however, maybe an acceptable downside in this digital fashion game. Maybe once online sales become even more status quo than they already are, people are even better at gauging the correct size for them.  After all, the right fit can also be a cultural manifestation. In Italy for example, it is usual to wear things a little tighter than for example in Germany. It will be interesting to see what future fitting applications have in store for us.

 

Clothes Horse

clothesHorse

Clothes Horse is solving the problem of how clothes fit, once and for all. Sizes are recommended based on a shopper’s body details and favorite clothes — as an integral part of an online shop. This individualized, data-driven approach empowers shoppers to make more confident purchase decisions, resulting in more sales, take fewer returns, and benefit from increased loyalty.

 

Fits.me

fitsMe

Founded in 2010, Fits.me is the world’s leading provider of virtual fitting room solutions. The company is headquartered in London, UK. Privately held, its investors include SmartCap, Conor Venture Partners and The Entrepreneur’s Fund, along with several angel investors.

 

Metail

metail

Metail was born in 2008, looking at the fitting problem using breakthroughs in advanced computer vision technology from Cambridge University. With an expanding team (including 7 PhDs) and over £5.4 million in funding, Metail sees a future where the ‘MeModel’ is everyone’s trusted guide in online experiences involving the body.

 

Virtusize

virtusize

In Autumn 2011, Virtusize was born. Virtusize helps online retailers to visually illustrate the size and fit of clothing. Virtusize guarantees to help online shoppers buy clothes that fit, every time. Virtusize is now used by consumers in more than 100 countries at some of the largest retailers in the world.

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top