デジタル界の巨人

2014.09.10海外,WEB
Pocket

digitalBillions

 

Leonid BershidskyはBloombergでこうつぶやいている。

「フェイスブックとは:お金をあざけるものである」

これは明らかに、先ごろのフェイスブックによるWhatsApp(LINEアプリの欧米バージョン)の買収計画を示唆してのことであろう。

フェイスブックはその買収価格をなんと19billionとしているのだ。

 

新しい経済圏(デジタルの世界)を進む企業は、これまでの古い形態の経済圏で生きる企業を圧倒していることは周知の事実である。

Bershidsky は簡単に例えている。一つはとても簡単だ。

Facebook vs  Google

Googleの時価総額がフェイスブックの二倍にあたることに対し、フェイスブックの収入はGoogleの10%程を上回っているレベルだ。

フリーキャッシュフロー比率に対する、収益と価格との大きなギャップ、それはグーグルと対立するフェイスブックへの、市場の期待が無制限であることの表れである。

 

Bershnidskyが指摘するもう一つのおもしろい点は、ネットの中での個々のサービスの重要性だ。グーグルは検索ツールとして単独活躍しているが、フェイスブックに関しては、利用可能な他のソーシャルネットワークは数多く存在する。しかしその中でもフェイスブックは群を抜いている。

 

フェイスブックの強い収益力とその高い利益率が全てを物語っているのではないかと思う。しかし、それだけで語れるだろうか?

もしかしたらまだ見ぬ別のシナリオが用意されているのだろうか・・?

 

Bershidskyの掲載記事を全て読みたい方はこちらから

 

 

 

—-以下原文—-

 

 

digitalBillions

Are we approaching or are we in another digital bubble? Looking at some of the digital giants’ valuations, a few things don’t seem to add up.

Leonid Bershidsky starts off his interesting piece on Bloomberg by saying: “I know what Facebook is about: Making a mockery of money.” It sure seems that way when looking at the relatively recent purchase of WhatsApp (the LINE of the Western world), a whopping $19 billion.

We have gotten used to the fact that companies in the new economy (the digital world) regularly overpower members of the old economy (the brick and mortar jungle), but even between some of the digital giants, the number soup seems a fairy tale at best.

Bershidsky uses an easy example, one that everyone can understand – Facebook vs. Google. While Google’s market cap is about twice that of Facebook, the latter’s revenues are only a little over 10% of Google’s. With large gaps in price to earnings and price to free cash flow ratios, it is astounding how the market’s expectations for Facebook as opposed to Google seem to be unlimited. Another very interesting point raised by Berschnidsky is the importance of the individual services to the internet as a whole. With Google being synonymous with Search and not much elsewhere to go if it were not around, there are quite a few social network options available should Facebook not be around from one moment to the next.

Facebook’s stronger earnings growth and higher gross margin seem to answer some of it, but does it answer all? Another bubble scenario on the horizon or even at our door step?

For the full article on BloombergView please click –> here <–

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top