SNS界に新生現る

2014.10.03海外,WEB
Pocket

sayEllo

今週、私宛に一通のミステリアスな招待状が届いた――――
SNS界の新生とも思わせる、その名も(Helloとかけて)ELLO。スタイリッシュな白と黒のスマイリーフェイスを掲げたインターフェースだ。
今のところ招待者のみのベータ運用で始動しているのだが、広告を載せない、利用者の個人データの販売もしない。いわゆる、’反フェイスブック’である。

——————————–
Elloの声明文
——————————–
あなたのSNSは広告主により成り立っています。
記事をシェアるす毎に、友達を増やす毎に、リンクをフォローする毎に、追跡記録され、データに変換されています。
広告主はそのデータを買うことにより、あなたに向けてもっと広告を出すことが出来るのです。
あなた自身が「商品」であり、販売されているのです。

このような事態に陥らなくても良い方法が他にあるはずです。
私たちは大胆さを信じています。そして、美しさ、安易さ、透明性を信じています。作り手と使い手は、パートナーシップで結ばれるべきなのです。ソーシャルネットワークとは権限を与えることへの一つのツールだと思っています。惑わしたり、強要したり、使い手を操るようなものではなく、人と人との繋がりや創造する場、そして楽しむ場であるべきなのです。

あなたは商品ではありません。
——————————

新しいものに対して人々は敏感であり、それを批評し、時には激しく非難する。
PCWorld ではフェイスブック、ツイッター、ピンタレスト、インスタグラム等のSNSは既に飽和市場の中にあるとし、それらのサービスに否定的な人々の受け皿としてELLOが存在可能であるかどうか、チャンスがあるかどうかに対して疑問を呈している。

Paul BudnitzはElloの協同ファウンダであり、写真家であり、映画制作者であり、アーティストであり、トイメーカーのデザイナーでもある。
彼はフェイスブックの様なコマーシャルプラットフォーム上での広告の嵐にうんざりし、彼に近いネットワーククリエイティブの為だけの、新しいソーシャルメディアプラットフォームを考案した。その後すぐ、Elloは彼が思い描くソーシャルネットワークに浸透していった。Elloが世間に知られる様になってからはフェイスブックに関するネガティブな見解が増え、それがSNS上で本名を名乗りたくなかった人や、ニックネームを自身のIDとして使用したい人をフェイスブックから遠ざける結果となっている。

この駆けだしのソーシャルメディアは、収益とは無縁である。その点、フェイスブックは広告、スポンサーリンク、ニュースフィード、独自のプライバシーセッティング等、様々な拘束を呈し収益構造化している。広告が本来果たすべき役割を果たせないでいる中、Elloのサービスはビッグチャレンジと言えるだろう。

時が経てばわかることだが、今言えることは、お金とテクノロジーがElloの未来の形勢を握っている。

【Integrity】
Elloの使命はサービスコンセプトである、ユーザーのデータ販売を行わない___有料広告の排除にこだわり続けることです。これはElloのユーザーに監視されており、スタートアップから支持されているこのコンセプトを継続することが使命達成と言えるだろう。

【Money】
Elloは既にベンチャーキャピタルから50万ドルを受け取り、そのほとんどが宣伝広告費として消えたが、このことに関しての批判も少なくない。
投資家が通常期待するであろう収益力のあるビジネスモデルとElloが示すマニフェストとは矛盾する。収入モデルがない彼らだが、広告やデータ売買をすることはできない。彼らはアンチフェイスブックなのだ。しかし人々の懸念の声からも逃れられない。そこでチームElloは、多くの資金に見合った機能を開発することを約束する、と公言している。

【テクノロジー】
Elloは既に最初のDDOS攻撃に耐え抜いた。また1時間に4万人もの新しいユーザーが新規登録をリクエストしている状態だ。ここまでくるのに、様々なことに打ち勝ってきたElloだが、この状態を維持していく為にはテクノロジーチームが常にその最前線をいかなければならない。フェイスブックが持つようなプライバシー設定は未だない。しかし、ユーザーが声を挙げればそれも実行されるだろう。

【Goodby or Ello?】
Elloは勝者になるであろう、と私は思う。
しかしそれはあまりにも早いゲームの結果ではないだろうか。RJ MetricsはElloのデモグラフィクスの最初の分析、つまりはElloが把握していない数値を打ち出している:

Elloユーザーの
37%は女性である
36%は一度も記事をあげていない
27%は3回以上記事をあげている
サインアップから6日後、25%のユーザーはまだ使用中である。

これらの統計が未来を暗示するような数値であるだろうか・・・。
今後のElloの動向に注目である。

<原文>———————————————————————–
sayEllo

(A COMMENTARY)
This week i received a mysterious invitation – to the next big thing in SNS land?? It goes by the welcoming name ELLO, as in (h)ELLO, and is sporting a very stylish black and white smiley face and simplistic interface. Still in ‘Beta’, ELLO is a closed by-invitation-only social network with a clear anti-commerce mission: no ads, no selling of user data, in other words anti-Facebook.

*******************************************
ELLO’s manifesto (via Ello.co):
*******************************************
Your social network is owned by advertisers.

Every post you share, every friend you make, and every link you follow is tracked, recorded, and converted into data. Advertisers buy your data so they can show you more ads. You are the product that’s bought and sold.

We believe there is a better way. We believe in audacity. We believe in beauty, simplicity, and transparency. We believe that the people who make things and the people who use them should be in partnership.

We believe a social network can be a tool for empowerment. Not a tool to deceive, coerce, and manipulate — but a place to connect, create, and celebrate life.

You are not a product.
*******************************************

As with anything new, people are quick to criticize and bash things. PC World is one of those bashing agents questioning ELLO’s viability in a seemingly saturated markets. However, PC World is only one of many that are voicing doubts about ELLO’s chances to establish itself amongst the likes of Facbeook, Twiiter, Pinterest and Instagram.

Behind ELLO stands Paul Budnitz, photographer and filmmaker, artist, designer toy maker and bicycle enthusiast. Tired of the ad cluttered and hyper commercial platforms such as Facebook he set out to create a new social media platform for his close-network of creatives. Soon, though, ELLO got out of the box and more and more became interested to join this closed social network. The big boost came over the past two weeks, thought, after Facebook made negative headlines ostracizing users that didn’t use their real names, including many transgender users who use nicknames to represent their chosen identities.

The very recent run to join this social media newcomer is certainly rooted in the indies and creative communities that are not friendly towards endeavors of pure monetary nature. Facebook, in the beginning more of a ‘pure’ player, has certainly turned the commercial corner with full vigor – ads, sponsored links, manipulated news feeds, data mining and questionable privacy settings to name a few. As despicable as some of these hyper materialistic features are, making a project such as ELLO scalable and realistic to persevere in the long run is a major obstacle to conquer.

Only time will tell, but at the moment integrity, money and technology will be the main aspects to watch for ELLO’s dedicated team.

INTEGRITY

ELLO’s mission is a noble one but to continue on its very recent start-up successes, sticking to its promise of remaining ad-free without engaging in data-mining will be watched closely by the ELLO community.

MONEY

Money makes the world go round, online and offline. ELLO is already catching criticism for taking just under half a million dollars in venture capital, the most commercial cash out there. People wonder how ELLO’s manifesto can go hand in hand with the usual expectations of venture capital – no ads, no data mining, REALLY?? However, without any revenue model ELLO will not make it too far past the start blocks. The ELLO team promises the advent of many pay worthy features on the horizon.

TECHNOLOGY

ELLO already had to endure a first DDOS and up to a stated 40,000 new user sign-up requests in an hour. So far, ELLO has prevailed but in order to keep it that way, the tech team will have to stay right on top of things. Privacy settings are nowhere near those of Facebook yet but are being implemented as we speak.

 

Goodbye or (h)ELLO?

I want to say that ELLO can prevail but it is far too early in the game. RJ Metrics has come up with a first analysis of ELLO demographics, something that ELLO doesn’t track:

  • 37% of Ello users are female
  • 36% of Ello users have never posted
  • 27% of Ello users have posted more than three times
  • 6 days after signup, 25% of users are still active

 

Supposedly these statistics are on par with the launch of the social media kings and queens on the current web. If this is any indication of the future, look out for ELLO.

 

 

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top