взять займ на карту

ヨーロッパでのスタートアップでベルリンがイケてる理由

2014.08.03マーケ,海外
Pocket

berlinRocket

 

ベルリンの急速な発展

ベルリン―

ドイツの首都であり、歴史的重要都市であり、そしてクリエイティブの拠点でもある。
ベルリンは、1989年のベルリンの壁崩壊以降、著しい変化を遂げている。現在の街と言えば、聡明なクリエイティブが集まる賑やかな大都市へと発展している。

 

ベルリンの壁の崩壊から時が経つにつれ、比較的貧困な層が多く住む停滞した地域に、比較的豊かな人々が流入する人口移動現象が起こり始める。それらの現象は世界的なクリエイター達をベルリンに集め、そしてそれは街の再建に大きく関わってくることとなる。

 

経済面でのベルリンはというと、大西洋のもう一つのシリコンバレーを目指し、努力に努力を重ね、2013年にはベンチャー資本として136百万ユーロ(約1800億円)を得ている。(これは全国の予算の50%を占めていることになる。)

 

 

ベルリンに集まる多様な人的ネットワーク

スタートアップの拠点となる都市は、その都市の強みや長所を各分野で示す必要がある。適性、構造基盤、ネットワークやその都市のイメージ等だ。スタートアップ拠点となる為にこれらの要所の強みをバランスよく示していくことは安易ではない。

 

ベルリンの壁崩壊後、新たな開発の為、創造力に富んだ話題が飛び交い、それはクリエイターや知識人を魅了した。言い換えれば、適切な人材プールが成功し、スタートアップシーンを成長させることができる、という一つの要件ということなのだ。

 

人材プールの次に、基本施設と公共のイメージが重要な要素である。
ベルリンとその基本施設には他都市から比較的アクセスしやすく、未だに他のヨーロッパの大都市より物価は安い。しかし実際に、本当の意味で国境を越え認知を得ているのは、特に資本ニーズとそれに接続する為の効率的なネットワークを持っていることだ。

 

基本施設のほとんどの部分がリノベーションされたり再建されたりしていることで、ベルリンの特徴を説明することができる。

 

再建やリノベーションにより、これまで見られることがなかった、観光客が街に集結する、という光景が見られ始めた。
私個人の意見としては、観光客のほとんどがこの街の特定のどこかに魅力を感じ、訪れているわけではないが、この街は人種の多様性に対する偏見等がないので、多くの人は親近感が湧くところに引きつけられているのではないかと思う。

 

しかし、情熱だけでは現実的に商業的視点からのスタートアップの起動力にはなれない。ネットワークと資本がこの相関関係の運命を握っているのだ。

 

クラウドファンディングがスタートアップ推進のエンジンに

 

ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、そしてクラウドファンディングを含む数多くあるプロジェクトへの投資は、過去二年で注目を集めている。

 

イギリスベースのクラウドファンディングプラットフォームのKICKSTARTERは、クラウドファンディングの先駆的サービスとして知られている。2014年の第二四半期には、ドイツのクラウドファンディングで2.8ミリオンユーロ(約384億円)が集められた。全国的には3,957のプロジェクトがスタートしている(2014年7月現在)。クラウドファンディングは、有力なプロジェクトが公開され、同時に必要最低限の投資額を引き合いに投資家への報酬も約束される。

 

数ヶ月前、ベルリン市といくつかの政府・行政の協力のもと、CROWDFUNDING BERLIN(クラウドファンディングベルリン)が始動した。

 

特徴の異なる主要クラウドファンディング

 

CROWDFUNDING-BERLIN

crowdfundingberlin

 

 

クラウドファンディングベルリンは、クラウドファンディングや、クラウドインベスティングを取り巻くあらゆる情報の普及に焦点をおいたポータルサイトだ。
これは政府のイニシアチブだが、後述する主要なクラウドファンディングサイトの情報を包括し、プロジェクトを紹介するネットワークをつくったり、プロジェクトの準備方法や、各情報の発信なども行う。
http://www.crowdfunding-berlin.com/de/

 

 

Starnext

startnext

Startnextは2010年から開始され、今ではドイツのクラウドファンディングプラットフォームを先導するまでに成長しています。Starnextは主に芸術的クリエイターや社会政策プロジェクトに重点を置いているが、エンジニアリングや化学向けプロジェクトも開始したようだ。
http://www.startnext.de/

 

Leipzig-based Vision Bakery

visionbakery

Leipzig-based Vision Bakeryは2011年の1月1日から始動しており、現在ではドイツのクラウドファンディングプラットフォームで2番目の大きさを誇るまでに成長している。彼らは、彼らの目標を次のように掲げている。
”我々は人々の「自覚心」の向上に努めます。そうすることにより、達成新を刺激し、それが人々が思い描くビジョンを現実のものに出来ると思うからです。”
http://www.visionbakery.com/

 

Crowdfans

crowdfans

Crowdfansはベルリンでのイベントやアーティストについてのプラットフォームです。2013年の11月からは、ドイツの作家によるサイン会ツアーへの融資を募っている。Crowdfansの目標は、バンドや映画制作者とこのプラットフォームを盛り上げていくことです。
http://www.crowdfans.de/

 

Companisto

companisto

Companistoは2012年に立ち上げられたクラウドインベスティングプラットフォームです。
今現在、ドイツ国内で3番目に大きなクラウドインベスティングプラットフォームと言われています。
https://www.companisto.com/en/

 

 

日本企業のベルリンスタートアップを支援しています

 

当社はベルリンに拠点を構え、オフィスには私(ドイツ人)が常駐しています。
日本企業のヨーロッパ進出支援、また、同時にヨーロッパ企業の日本市場進出支援を行っています。

 

当社が拠点をベルリンに設置したのは、当該記事にあるようにヨーロッパ内でのアクセスの良さ、欧州スタートアップのハブとしてベルリンをオススメしていること(ベルリンは今後益々活性化していきます)、多くのベンチャーが此処でスタートし、多種多様なビジネスと人が混在しているからです。在住日本人も増加し続けています。

 

このように、有効なビジネスネットワークを持ちながらコスト面でも他都市に比べ優位性を保ち続けるベルリンで、御社のビジネスをスタートしてみませんか?

 

ヨーロッパ市場でのプロモーションやリサーチ、マーケティング全般のフォローを当社がお手伝いします。
ご質問、ご相談、お待ちしています。
※関連会社との提携で豊富な国外ネットワークを持っています。
中小企業のための海外進出支援 No Rule Marketing株式会社

海外の販売促進/プロモーション

http://norule.co.jp/

 

 

 

———————-<以下原文>———————-

 

 

berlinRocket

Berlin – German capital, place of strong historical significance and creative hub. The hype around Berlin is great, with creative and intellectual minds flocking to the city which has undergone a modern metamorphosis after the fall of the wall in 1989. Since then some time has passed, and amongst the flair of poverty-chiqueness, a strong wave of gentrification has added a new layer to many areas of the city. The influx of members of the global creative class to Berlin is one aspect of how “crowds” have an influence on the development of the city. On the business front Berlin has been striving to establish itself as the new silicon valley on the other side of the Atlantic. The start-up capital of Germany which got 136 million Euro in venture capital in 2013 (more than 50% nationwide), aims to become the most vibrant European start-up hub.

 

The magic potion of a start-up hub

Start-up cities/hubs usually show strengths in the following: talent, infrastructure, capital, networks, and public image. These pillars of success of a start-up hub are a delicate balance of potential strengths that are not easy to juggle. In Berlin, since the fall of the wall, a new beginning created fertile grounds for new developments, and new developments often attract creatives and intellectuals. The right talent pool in other words is one of the core requirements for being able to grow a successful start-up scene.

Next to the talent pool, the infrastructure and public image or also important factors. By now large parts of infrastructure have been renovated or built up anew, and the public image of Berlin can be described as a virtual hype. Tourists flock to the city that is a quite unusual mix of urban yet never too crowded. I don’t think anyone can truly pinpoint the charm of the city, but many are drawn to its home away from home feeling and open-minded diversity. However, an independent spirit alone cannot by any means be the driving force being a commercially sound start-up scene. The networks and especially the capital are certainly make-or-break aspects in this fragile equation.

 

The fuel of the Berlin hub

Berlin’s infrastructure is very accessible and STILL affordable compared with other European metropolitan centers. However, to really have a thriving scene which can gain recognition beyond its own borders, efficient networks and especially capital needs to be readily accessible.

Within the various project financing possibilities including venture capital, angel investments and crowdfunding, the latter has been receiving quite a lot of attention in the past 2 years. The now well known U.S. based online crowdfunding platform KICKSTARTER (www.kickstarter.com) ‘kicked’ off this movement. In the second quarter of 2014, €2,8million was gathered in the field of reward based Crowdfunding in Germany. Nationwide, 3,957 projects have been started (as of July 2014, Source: Für Gründer).

With crowdfunding, a potential project can be introduced to the public usually citing a minimum investment needed for the realization of the project as well as promising a tangible reward for the investor. Crowdinvesting is similar in concept but instead of a one-time tangible reward for the individual investor, promises a stake in the project/company.

Only a few months ago, with the help of Berlin state and some other government level organizations,  CROWDFUNDING BERLIN (www.crowdfunding-berlin.com) was launched. Crowdfunding Berlin is a portal focusing on the dissemination of information surrounding all aspects of crowdfunding/crowdinvesting. It is a government initiative which does not stand in competition to private crowdfunding platforms but one that creates a promotional network introducing crowdfunded projects, crowdfunding platforms, information on how to best prepare for a funding project and more. This initiative shows that government support is a welcome aspect gelling privately run networks and initiatives, bringing structure for easy access and exchange.

 

Crowdfunding-Berlin 

crowdfundingberlin

 

Startnext

startnext

Startnext was launched in 2010 and is currently the leading crowdfunding platform in Germany with a market share of 80 percent of capital collected as part of successfully financed projects. They focus mainly on artistic-creative and social-political projects, but they also do engineering/science projects and startups. Startnext offers classic crowdfunding (for all projects) as well as donation-based funding (only for non-profit organizations) and crowdinvesting (only for social companies and startups in the creative industries).

 

VisionBakery

visionbakery

Leipzig-based VisionBakery was launched on January 1, 2011 and is currently the second-largest crowdfunding platform in Germany with a market share of 6 percent of capital collected as part of successfully financed projects. VisionBakery describes their goal as the following: “We want to help to increase awareness so that each individual can achieve something and transform their vision into reality!” The platform focuses on creative, social, sports and cultural projects. VisionBakery offers classic reward-based crowdfunding

 

Crowdfans

crowdfans

Crowdfans is a platform for events and artists from Berlin.  Since November 2013, the platform is functioning and currently offers a home to authors who are looking to finance their book-signing tour.  The future goal of crowdfans is to also work with bands and filmmakers in order to fill their concerts and cinema halls, respectively.

 

Companisto

companisto

Companisto is a crowdinvesting platform launched in 2012. At the moment, Companisto is the third-largest crowdinvesting platform in Germany, with a 17 percent market share of capital collected as part of successfully financed projects.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top