ベルリンの壁崩壊 25年目を迎えて。

2014.11.14ニュース,海外
Pocket

wall

11月9日。ドイツにとってそれは歴史的な日である___________
先日迎えたベルリンの壁崩壊から25周年の11月9日は、光で壁を模りそれを祝った。ベルリンの壁崩壊は、人々にとっての希望であった。25周年を迎えたこのイベントもその象徴であり、この日は一日中ベルリンの壁に関することがあらゆるところで放送されるなど、人々にとっては今もなお特別な一日なのだ。
25年経った今、ベルリンは大きく変化している。壁の残部もほとんどなくなり、日々進化を遂げている。人々はこのミステリアスで刺激的な街に興味を持ち、その特有の雰囲気を味わうべく年間およそ26億人の人々がドイツの首都に訪れ、今ではロンドン、パリに次ぐヨーロッパの人気三大観光地として名を連ねる程の街へと成長した。

 

いくつかの街がその個性的な特徴を発揮する中、ベルリンも例外ではない。
至るところから流入してくる人々によりつくりだされた高級化現象は、過去数年でバズワードと化している。地元民にとってはこういった環境の変化、即ち生活費用が上がるということは、”ベルリンの動き”によってもたらされた、あと味の悪さ、とも言えるだろう。
海外の投資家のほとんどは、激戦とされるベルリンの不動産を勝ち取っている。

 

しかし、この高級化された現象でさえ、それが受け入れられるかそうでないかに関わらず、この街が持つ本質的価値観によって無駄なことにはならないだろう。

年間、億を超える訪問者と沢山の移住者で溢れるこのベルリンの街は、25年前の壁崩壊に刺激されての今がある、ということは明確である。

人口統計の点から見ると、特にクリエイティブに富んだ人々が増加傾向にあるようだ。芸術家やグラフィックデザイナー、ジャーナリスト、その他多くのクリエイター達がベルリンを原点と呼ぶ。

 

 

【最適な機会を得るために】
商業面での機会に出会うことは、多くのクリエイターにとって安易なことではない。彼らが直面するであろう支障の中には言語や雇用の問題も含まれる。しかし逆に企業側、特にスタートアップ企業にとってベルリンとは活気に満ちたハブなのだ。発展を遂げるこの刺激的な街についてのニュースは今後ともレポートしていきたい。

 

ベルリンは、新たなチャレンジの場に最適である。なぜならそこは、原石の塊なのだから。

 

 

 

ベルリンを新たなビジネスの場にお考えの際は、是非ご連絡ください。
いつでもご相談をお待ちしております。

ご相談はこちらから。

 

 

 

<原文ママ>——————————————
wall

It was a historic day, on November 9, celebrating the fall of the Berlin wall 25 years ago in the form of a ‘wall of lights’. The perception of this event is different for everyone. For most, the fall of the wall was an incredibly positive one – broadcasted globally for days on end, remembered by all. Now, 25 years after this historic event, Berlin is a changed place. The remnants of the wall (almost) gone, lives forever changed, Berlin has become a creative hub as well as the third most popular tourist destination in Europe, after London and Paris. Roughly 26 million people flock to Germany’s capital every year, to experience a vibe that is as mysterious as its intensity. 

Some cities take on an almost humanly character, Berlin is certainly one of them. Gentrification has been ‘the’ buzzword of the last few years as whole areas in Berlin are changing by the influx of people from near and far. To many of the true locals, however, changes in their local environments come with stark increases in costs of living, a sour aftertaste of the ‘Berlin movement’. Speculators from mostly abroad are playing their part in this cost explosion by fighting a fierce battle for Berlin real estate.

However, the character of the city  is so strong that even in the light of gentrification, welcome or not, the core value of the city will probably not go to waste.

It is apparent that the fall of the wall 25 years ago has stirred up Berlin quite a lot. Millions of visitors to the city every year and the many people that move here are proof of this magic vibe that Berlin has to offer. In terms of demographics, especially the creative class is drawn to the city – fine artists, graphic designers, journalists, and many other creators and culturally connected now call Berlin their home.


The right vibe for opportunities

In terms of commercial opportunities, it is not always easy for the many creators and others flocking to the city. A lack of employment opportunities and language issues are a few of the main obstacles encountered by many. However, for companies, especially start-ups, Berlin has turned into somewhat of a vibrant hub.

In the future we will be reporting from Berlin more and more, with news and features on developments in this exciting place.

We see it as a fertile ground for challenging new opportunities, even though or especially because Berlin is still a ‘diamond in the rough’.

For those of you that are thinking about Berlin as a potential place of opportunity for your business, let us know anytime. We will be happy to talk to you about the possibilities.

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top