взять займ на карту

配車サービスUBERが直面する問題から、透けて見えるイノベーション・ジレンマ

2014.06.18ニュース,海外
Pocket

インターネットは効率をより良くするために、日々機能の向上を模索しています。
安く、使いやすく、そして早く ということが「インターネット」の基本であり特徴でもあります。

最近話題の配車サービス「UBER」も、このインターネットの特徴を駆使したアプリです。
ヨーロッパでは人気急上昇中ですが、一部では物議を醸しているようです。

UBERとは、

スマートフォンアプリからGPSを利用し自分の位置と目的地を指定すると、近くのハイヤーが急行し目的地まで届けてくれ、代金は事前に登録しているクレジットカードで決済が可能、キャッシュレスでスマートに降車できる現代的なサービスで、迎車・乗車、支払・降車すべてがアプリで完結。また、降車後にメールで領収書を受け取り、運転手の評価を行うことも可能です。

こちらのUBER社、6月6日に、12億ドル規模の新たな資金調達ラウンドを受け、今現在の推定時価総額は170億ドルになったと発表されました。このことにより従来のタクシー産業へのダメージは、もはや逃れられないものになっていると予測されます。

 

急成長する一方で大規模な反対運動も

ミラノやロンドンを含む多くの街が、6月11日に、何千人ものタクシードライバーによって、UBERや他の配車サービスアプリに対してストライキを起こしました。UBERの様に、スマートフォンを活用し利便性を高めた配車サービスが普及するインターネット社会の今、従来の「タクシー」はもういらない存在なのでしょうか?

大きな成功を遂げたUBERですが、そのカギとなったのは世界中の「タクシーサービス」に対する消費者からの指摘や不満です。タクシーメーターはごまかせることもしばしば。大きな街になると、タクシーを拾うのにも一苦労。
そんなタクシー業界に不信感を抱いていた人たちが、UBERのようなアプリに惹かれるのも無理はないのかもしれません。
冒頭に挙げた様に、インターネットの特徴でもある、安い、使いやすい、早い、ことがUBERを成功へと導いたのです。
従来のタクシーよりも20%~40%も安いこのサービスは、市場をむしろを巻くように奪ってゆきます。
しかし、そのことにより懸念される、保険の問題や、ドライバーの意識の高さ、それ以前にまず、安全なのかどうかというところも重要視されます。

UBERのサービス内容や内情に対する世間の疑問点は「敵」である従来のタクシー業界にとっては格好の批判の的となります。
サービスには常に”グレーゾーン”がつきまとい、例えば個人ドライバーにもかかわらず、規制を掻い潜る為に、自営の所有者のふりをすることもできてしまいます。

そこで、ニューヨークやブリュッセル等、一部の地域では、このUBERサービスに対して一定のルールを定め、違反をすれば罰金を支払うことが義務付けられました。また、別の街でも既にストライキが勃発しており、今回の6月11日のストライキでは反体制の勢力が一気に増すこととなりました。

革新の問題点を考えることが次の付加価値を生む

UBERはヨーロッパの20都市やその他世界各都市で利用されており、資金調達の成功によって得た活動資金で、既存するタクシー業界を乗っ取り、破壊してしまう勢いです。

この種のサービスの必要性は、主に独占色の強い市場で議論されるべきではないかと考えます。それは、従来ある産業の既得権益構造やそれに起因する制度疲労について、また、時には不公平な運営の仕方や能率の悪さが改善されるために、そして消費者が求める要求に応え続ける様に学び、そこから何かを得られる場となるからです。
その反面、新しい付加価値を生むイノベーションには、責任も問われることとなります。イノベーションにより市場を席巻した後、旧態依然とした企業は市場から退場を迫られます。
勝者となった企業が、そこから得た影響力や立場を利用して、不祥事を隠してしまうことや、各産業に従事する労働者の収入減を剥奪してしまったらどうなるのでしょうか。

UBERに関する世間の反響が示しているように、新しいサービスは存在し続け、常に議論の的にもなるのです。

uber, taxi

ここ最近、UBERは東京でもサービスを開始しました。―が、UBERのサービスによって起こったストライキや数々の問題を教訓に、これまで各国で行われてきたサービスとは少し違いがあるようです。
六本木を中心に試験的にスタートして以来、乗車した著名人や多くのユーザーの口コミによってその名は直ちに広まることとなりました。多言語対応もしているので、2020年の東京オリンピック時にも活躍することでしょう。

より豊かな生活を手に入れるためには、新しく発生する革新的サービスや素晴らしいアイデアに対して寛容であることと同時に、私たち生活者は厳しく監視し続け、健全な批判的思考を持たなければなりません。

古くから残る伝統的産業のなか誕生した新しいサービスが、旧態依然の「タクシー会社・労働者」と、利便性を追求し支持する「ユーザー」との狭間(ジレンマ)から育つ破壊の萌芽を見守っていきたいと思います。

 

 

—-以下原文——
It’s not a secret that the internet is challenging traditional industries by providing higher levels of efficiency. Cheaper, better, faster are just some of those characteristics that the web is known for. All 3 of these characteristics, and then some, decorate the relatively new and highly controversial global taxi app UBER. With 1.2 billion dollars of new funding secured last week based on a valuation of around 17 billion dollars, the taxi industry is not amused!

In San Francisco, home of UBER, life is usually relatively relaxed – west coast style. The reaction of the taxi industry throughout Europe, where UBER has put its claws into, is anything but relaxed. With previous strikes in various European cities including Milan and London, on June 11, thousands and thousands of drivers in European urban centers staged a concerted protest against UBER and other app based taxi services such as WunderCar that are threatening their traditionally cushiony existence. Or wasn’t  a typical taxi driver’s existence that sweet after all?

The immense success of the taxi app UBER must be based on a general discontent of customers with the average taxi service in big cities around the world. Taxi meters that are manipulated to show higher fares, difficulty in hailing a cab, below average service and high prices are certainly some of the issues that make stepping over to new web-based services very tempting. Cheaper, better, faster was always a good way to make a buck. The new taxi apps ready to take the market by a storm are often 20-40% cheaper than traditional services, but how about insurance, reliability of drivers and overall safety? These are all important points that enemies of UBER love to focus on. On top of that, these web-based services seem to navigate in a grey area, turning private drivers into independent business owners circumventing local regulations.

Some cities already fought back viciously. In New York and Brussels UBER services have been forbidden with fines up to 10,000 Euro in Brussels for drivers that try to neglect this ruling. In other cities individual legal battles and strikes have already occurred with the concerted Europe wide strikes on June 11 reaching a max.

 

THE POWER OF LEVERAGE

With the tech market heating up again in recent years, seemingly excessive valuations and take-over bids in the billions on a regular basis, the power certainly seems on the side of highly leveraged operations. UBER, active in 20 European cities and many more globally, is able to take on the taxi world with its war chest full from a successful recent round of funding. The start-up scene often based on an idea and a dream has struck once again.

Power to the people and let the market be your guide show that there is a definite need for these types of services, especially in monopolized industries. It should be a lesson to both the traditional industries that run very inefficiently and sometimes making use of unfair advantages as well as taking part in unfair profit distribution. On the other hand, this situation also asks for a heightened sense of responsibility from the web-based world. So far the revenues of UBER seem to be around the 200 million dollar mark last year, scary when compared to its current valuation. What happens if leverage destroys whole industries only to fall prey to its own irresponsibility and potential lack of revenue model? However, if reactions on various forums regarding UBER are an indication, many of these new web-based services are here to stay.

 

ginzaS_resize

 

Recently UBER has also started their service in Tokyo, but in a slightly different jacket as in other cities worldwide. Learning from their hick-ups in other cities, UBER only uses licensed drivers in the Tokyo metropolitan area. The latter profit from a sleek app in multiple languages (great for the Tokyo Olympics 2020), and UBER is staying clear of trouble.

In other words, everyone seems to be UBER happy !

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top