企業の活動を告知するためのプレスリリース原稿の作成/校正から配信先メディアの選定、FAXとメールによる配信まで、プレスリリースに必要な作業をトータルで行います。 多忙な広報の方、広報を持たない中小企業、ベンチャー企業の広報をサポートいたします。

“広告”ではなく“記事”として掲載

新聞や雑誌、インターネットメディアなどの読者は、無意識に広告を嫌う傾向があります。
掲載料金を支払えば広告へ掲載はされますが、マスコミ各社へ配信するプレスリリースとは性質が大きく異なります。
第三者のメディアを介して告知されるため、 信頼性の高い広報・宣伝活動ができます。
公平・中立な視点を持つメディアに掲載された情報は、様々な媒体へと、幅広く伝達することができます。それにより期待できる効果は 単なる広告掲載等の比ではありません。
記事として紹介されることにより、企業そのもののブランディング、宣伝効果や人材採用時、商品知名度の向上、営業面のセールスフォロー等、二次的に活用できるメリットが大きくあります。

特徴(強み)

1 配信先可能メディアは5,000以上 ※配信サービス会社利用含む

配信可能なメディアはインターネットメディア・雑誌・新聞・通信社など、計5,000以上。
大手ポータルサイトや各地域の新聞紙まで幅広くカバーしています。

502501500

2 掲載率が上がる配信メディア選定

各メディアの方たちへは、毎日膨大な数のプレスリリースが届きます。メディア担当者は、その膨大な数の中から、ニュースソースとして取り上げる情報を探します。
リリース内容と、メディアが欲しい情報がミスマッチでは取り上げられるはずもありません。当社では、リリース内容と配信先メディアのマッチングに留意し、メディア担当者に読まれるようメディア選定を慎重に行い、掲載率向上に努めます。

3 プレスリリース作成

商品やサービスがいくら素晴らしくても、情報が古く、競合商品との違いが読者のメリットにつながらない場合は、マスコミは記事に書いてくれません。
自社の商品の社会性を読み取り、その社会性につながるオリジナリティを明確にし、そこに新しい情報を加えることで、マスコミが読んでくれるプレスリリースが出来上がります。
当社では、これまでの経験やマスコミ関係者へのリサーチに基づき、プレスリリースに最適な「内容」で、メディアが読んでくれる「書き方」で作成します。

jump to top