【必読】友達にも教えてあげて!Facebookを利用する際に、必ずあなたに気を付けて欲しいこと。

2014.09.19WEB
Pocket

涼しくなってきました。秋ですね~
夜、部屋にいるときは窓を開けるだけで気持ちのいい風が入ってきます。
秋といえばからし色の服を着用したくなる季節。一年のうちで秋のファッションが一番わくわくします!

 

さてそんなこんなで。

今回は皆さんが現在当たり前に活用しているFacebookについてお話したいと思います。

832ac2868be2fdcddc3474b81ad58370_l

皆さんはいつ頃からFacebookを活用していますか?
今は懐かしき「mixi(ミクシィ)」。数年前、ソーシャルネットワークの主流といえばmixiでした。私自身も5年前までmixiを愛用しておりました。Facebookの利用はなるべく避けたいと思っていたのですが、時代の流れに逆らえず、5年前やむなくFacebookに切り替えました。

 

当時私がFacebookの利用を避けていた最も大きな理由として、個人情報を公開するということにありました。ニックネームでの登録が当たり前だったmixiに対し、フルネームでの登録が主流なFacebook。自分のフルネームがネット上に出回るということに、当時の私は強く抵抗を感じていました。フルネームに誕生日、住んでいる地域まで公開すればほぼ100%、個人を特定できてしまうのですから。
今となってはFacebook利用者のほとんどが当たり前に公開していますが、皆さん初めから抵抗感はなかったのでしょうか?

 
事実、そんなFacebookを利用して悪いことをしている人がたくさんいます。
Facebookから得た情報を利用したストーカーや凶悪犯罪など、悲しい事件が実際に起こっていますよね。Facebookは、悪いことをしようとしている人にとっては好都合なのです。簡単に個人情報が手に入ってしまうのですから。

 
しかし、あなた自身が気を付ければ防げること、たくさんあります!

いいですか皆さん。世の中があなたを100%守ってくれる保証はないのです。
あなたの個人情報はあなた自身が守るのです。
これからお伝えすることをきちんと念頭に置いた上で、安全にFacebookを利用してください!

 

1.あなたの名前をYahoo!やGoogleで検索すると・・・

ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_l

あなたの名前を検索してみてください。画像一覧であなたの写真が公開されている可能性があります。あなたが実名登録しているFacebook上で自分の写真を一般公開すればこのようになります。
また、あなたが自分の写真を「友達だけに公開」していたとしても、あなたの友達が勝手に一般公開している可能性があります。

 

2.「友達の友達に公開」は「ネット上全体に公開」とほぼ同じこと。

91c5a6ca0f71e4f8885bce9afecbfb59_l

たとえばFacebookの友達が100人だとした場合、友達の友達は100×100=10,000人。あなたの友達の友達は、100%信用できますか?
また、たとえあなたが「友達だけに公開」していたとしても、あなたの友達は「友達の友達に公開」している可能性も。「友達の友達に公開」している友達があなたの写真を公開すれば・・・・・・

 

3.あなたに「友達申請」をしてきた人は、本当にあなたの知り合いですか?

ac1944d50055585e1d0e20b88c283a51_l

まず、むやみやたらに友達申請を承諾してはいけません。これは基本中の基本!一番いいのは、知り合いからの申請にのみ承諾することです。
そして知り合いと思われる人の名前から友達申請がきた場合も注意が必要です。「この人は本当に知り合いの○○さんだろうか?」と一度疑ってください。なりすましのアカウントの可能性もあります。

 

4.Facebookのアプリは使わない。

ce928dd5c8791ccae0dca51e5cc8957c_l

実はFacebookのアプリで個人情報が漏れるということが起きているようです。
アプリに登録すると知らない間に友達の情報やメールアドレスが漏れ、迷惑メールが急増するとか・・・

 

5.Facebookの情報で内定を取り消された求職者も・・・・・・

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_l

1にて、あなたの名前はネットで検索できるということをお話しましたね。実際、あらゆる企業は採用活動を行う際に、応募者の名前をネットで検索することがあるようです。
それを知らない求職者がFacebook上で未熟な行為(飲み会でつぶれた等・・・)をさらけ出すような投稿をしてしまい、それを見た企業は採用を見合わせることになったケースがあったとのこと。

 

まとめ

SNSの普及によって、人々が個人情報を世にさらけ出すことに抵抗感を抱かなくなっているのは事実です。
しかしFacebookは2004年に設立されて今年でやっと10年目のまだまだ若い会社。人気が出るのが早かっただけに、セキュリティ面が十分追いついているとは言えません。

「みんな使っているから安心」という考えはとても危険です。反対に、若い会社でこれだけ急速に普及したからこそ悪いことを企んでいる人たちが抜け目に突っ込んで行動を起こしやすかったのではないでしょうか?

 
便利なSNSの落とし穴からあなたの個人情報を守ってください、あなた自身で!

 

 

Pocket

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top