クラウドソーシングに見える光と影

2014.11.07WEB
Pocket

crowdsourcing

クラウドソーシング市場の近年の成長ぶりを観察すると、その諸刃の剣についての記事を書かずにはいられない。プロジェクトのために、その分野においての有能な労働者を供給する 一見すると効率的な方法の裏では、どのような原動力が支えているのか考えてみたい。

クラウドソーシングのプラットフォームでは、創造的で技術的なプロジェクトを探すことができ、それは年間を通してすさまじく成長していることがわかる。彼らのビジネスモデルは、伝統的な採用方法やその他一般に共通する全ての物事に固執する必要がない、というところだ。彼らはどのようにして、私たちの生活に浸透してきたのだろうか
クラウドソーシングのプラットフォームのコンセプトとビジネスモデルは簡単だ。
発注者とフリーランサーが繋がりを持つ、ということだ。
デザインやウェブ開発の仕事の為に使われることが多いが、発注者はプロジェクトの詳細、予算提案、具体的なプロジェクトについてリスト化する。リストが完了すればそこから激選の始まりだ。

 

沢山のフリーランサーたちが一つの”レース”に参加する。ここではフリーランサーがこれまで培ってきた経験で仕事を得る、というよりも彼らの制作リストから発注者が気に入ったものを選ぶ、いわゆる1つのトロフィーをかけて多くのフリーランサーが競うのだ。クライアントに選ばれた者のみが報酬を得ることができる仕組みになっている。

 

この争いがもう少し現実的に聞こえるように、99designsはこの仕組みを”デザインコンテスト”と呼んでいいる。コンテストと聞くと対等なルールの元、闘志を燃やす”楽しい”場に聞こえるからだ。

 

しかし、実際のこの仕組みはそのような場なのだろうか?取れるかどうかもわからない1つのプロジェクトに対して、時には千以上ものフリーランサーが集まり、彼らの時間を割いて発注者に気に入られる様な仕事をする。しかし、選ばれるのはたったの一人だ。これが本当にフェアと言えるのだろうか??

 

 

例えばこんなことだ―――

コーヒーショップで全てのケーキを1かけらずつ味が違ったコーヒー付きでお試しできるとする。あなたは15種類のケーキと、6種類のコーヒーを味わった後、次はキャロットケーキを味わう。そのケーキに付いてきた珈琲はあなたの好みではなかった。結局あなたは1つのケーキ代だけを支払い店を後にする。
どうだろうか。沢山の試食を繰り返したのに支払ったお金はケーキ1かけら分だ。それを見ていた客がいたとするならば同じ事をしたいと思うに違いない。
これは消費量においてのトライアンドエラーである。しかし言うまでもないが、もしこんなカフェが実際に存在し、来る客皆が同じことをしたのならば数週間後にはそのカフェの存在はなくなっているだろう。

 

現実世界においては、トライアンドエラー段階での契約は誰も結びたがらない。特定のサービス産業に関係している限り、そこに属することが現在の風潮である。バーチャルの中で才能あるクリエーター達に出会うということは、バーチャルの中であるからこそ簡単なことのようにも見える。しかし、彼らの貴重な時間を割いて出す結論は、何千もの中からただ一つを選ぶということ、すなわち発注者とフリーランサーの人間味のない取引関係を結ぶということは、お互いがこの偏った条件に同意していれば良いがこの仕組みにおいての両者の立場から見たメリットとデメリットを知っておく必要がある。

 

 

発注者
契約者にとってのメリットは明確である;最適な人材を広範囲で探すことができ、実際に業務を依頼した1人に支払を行えば良い。それに加えて予算も相場と比べるとかなり安く収まる。側面から見るとそれは不可抗力なのだが、結果的には満足いくものなのだろうか?ブランド化してく上で、発注者と受注者の信頼関係や満足度は継続されていくものなのだろうか?

 

 

フリーランサー
’コンペ’に勝ち残ったものだけが報酬を受けることができるシステムは、或いはその人にやりがいを感じさせることができるかもしれない。沢山のライバルと競い、勝ち抜くということは自尊心と、多少なりともその者の自信やそれが財産にもつながるからだ。

しかし、例え勝ち残ったとしてもその報酬は決して良い(高い)とは言えない。また、特定のクライアントとの関係を維持していくこともまた難しい。ただ、自分の仕事にプライドを持っている限り、最初の段階からクライアントと密に仕事をするということにもっと価値が出てくるだろう。その反面、どこかに雇われているのとは違い、報酬の保証はされないところが仕事に対するモチベーションという点では懸念される。

 

【クラウドソーシングが未来への扉!?】
クリエイティブと商業の観点から、デジタルがクリエイティブ産業に変化をもたらしたという事実が伺える。
グラフィックデザインから写真撮影まで、今やデザインフソフトウェア、デジタルカメラやその他沢山のものによってアクセスしやすくなっている。サービス全域のコモディティー化は今や多大なる影響力の源となっている。

しかし、クラウドソーシングによるサービスのコモディティー化が非人間的な環境を創り出している、と考えるとこれは最悪の事態とも受け止めることができる。
築きあげられた濃密な取引関係は、取引が続くにつれてだんだんと上辺だけのものに変わり、忠誠心も少しずつ低下していく。共同作業の中での各自の担当はより重要であり、それが良い結果を生み出す動力となる。しかしこれは挑戦という名の互いにとっては単なる”仕事”の一環なのだ。

発注者は出費を抑えることができ、フリーランサーにおいては、少ない報酬に加えて仕事に対する達成感を得る場面が少ない。この偏ったソーシングサークルの中では、”情熱”というものが失われる場でもあるのかもしれない。では情熱が無くなってしまった場合、クラウドソーシングの存在意義はどうなるのだろうか。この非人間的なプラットフォームの中で、発注者が必要とするクオリティに出会うことが出来なくなった時、本当に才能のある者に出会える確立もかなり下がるのではないだろうか。

 

最後に、海外の2つの著名なクラウドソーシングを紹介する。

 

 

99designs
99designsは認知度が高いクラウドソーシングサイトの一つだ。また、このサイトは特にグラフィックに力を入れている。

 

designenlassen
designenlassen.deはドイツ内でのクラウドソーシングのアンサーサイトである。99designsと同じように、可能性がある発注者を報酬の保証なしでコンペを待っているグループにアクセスさせる。

 

 

 

<原文ママ>———————————————————
crowdsourcing

[A COMMENTARY] Observing how the crowdsourcing market has been growing over the years made me want to write about this two-edged sword for some time. What is the driving force behind this seemingly efficient way of sourcing talented labor for projects? On crowdsourcing platforms one can find projects of mostly creative and technical nature which have been growing tremendously over the years. Their business models do not adhere to traditional ways of hiring and go against any kind of common sense – who has let crowdsourcing become the flavor of our times?

The concept and business model of crowdsourcing platforms is simple – connecting contractors and freelancers. Mostly used for design and web development jobs, contractors are able to list their projects including proposed budget and project specifications. Once listed, the rodeo starts ! The herd of suitable freelancers is off to the races. However, freelancers are not chosen for their portfolios consisting of works completed to date but instead compete for the same job with one lucky (or not so lucky) one holding the trophy at the end – only one gets paid. WOW!! To make this rodeo sound less cruel, platforms such as 99designs call it a ‘design contest’. Sounds fun and fair, but is it? If paying only one out of sometimes thousands of freelancers who have all worked on a particular job is considered fair, then I guess it is.

Let’s look at an analogy – you walk into a cafe for some cake and coffee. You ask to have a piece of every cake that is available and a complete selection of different coffee  for you to taste. After tasting 15 pieces of cake and 6 different types of coffee, you choose the carrot cake and since the coffee was not to your liking, you end up paying for only one cake. Walking out you think to yourself how great it is that you paid for only a small fraction of delicacies that you have just consumed. Other customers saw what you were doing and started doing the same – the trial and error way of consumption. Needless to say, a few weeks later it is ‘game over’ for the cafe as well as the obviously unsustainable way of consumption.

While in the physical world nobody expects to be able to engage in trial and error consumption, it has become the flavor of our times as far as particular service industries are concerned. It just seems so easy to have access to virtually thousands of talented individuals, have all of the ones interested in a project / competition put in valuable time and at the end choose the ‘winning’ work and check out. The result: literally thousands of unpaid man-hours, an often impersonal working relationship between contractor and freelancer, maybe a happy contractor and maybe one happy freelancer. As long as there are enough willing parties on both sides of this lopsided equation, the crowdsourcing rodeo will go on. What are the true benefits and downfalls for contractor and freelancer in this popular sourcing model?

 

CONTRACTOR

For the contractor the advantages are obvious: Access to many potential solutions but in the end only paying for one. On top of that, minimum budgets to list projects/competitions are very low compared to market prices. The positive aspects seem overwhelming but in the end are the results really satisfactory? Are the working relationships trustworthy and satisfactory, ensuring continuity in branding for the future?

 

FREELANCER

For the one winning the ‘competition’ and getting paid in the end it is probably a good feeling. Competing with many others and being the chosen one is certainly something for the ego and also a little bit for one’s wallet. However, in many cases, even for the one getting the ‘deal’ in the end, payment is far below market rates. Moreover, it is difficult building continuous relationships with clients and the common ups and downs of freelancing  are becoming even more irregular. As far as pride in ones own work is concerned, it is probably much more rewarding to work closely with one client from the very beginning, being involved up-close and personal in briefings and giving everything to come up with the right solution with and for the client. On the other hand, with crowdsourcing, not knowing if work will be paid in the end is clearly not as motivating as being officially hired for a job to start with.

 

CROWDSOURCING — THE WAY OF THE FUTURE?

Coming from both the creative and commercial industries I know the changes that the digital realm brought to the creative industries, from a creative as well as commercial point of view. From graphic design to photography, the ‘trade’ has been made accessible to the masses through design software, digital cameras and more. The commoditization of a whole range of services has now hit with full force. It can be seen as somewhat of a perfect storm. The commoditization of services through crowdsourcing has brought even more of an impersonal environment. The building of close business relationships is slowly being replaced with more loose superficial ones only lasting as long as a particular project. Loyalty is dwindling and so in my eyes is quality. It is no secret that playing a more vital part in any collaboration creates better continuous results. A challenge merely becomes ‘a job’. In other words, the contractor has saved money, the freelancer is getting paid less and has less job satisfaction and even worse, whole industries are diluted into trivial tasks and products. The passion that allows many creatives to go on even in this lopsided sourcing cycle, will be the victim in the end. When all passion is gone, I wonder where crowdsourcing will be then? Once contractors no longer find the desired quality on these impersonal platforms, they will be looking for the real talent which then might nowhere to be found.

 

99designs

99designs is one of the most well-known crowdsourcing sites with a strong focus on graphic design for print and web.

 

designenlassen
designenlassen.de is Germany’s answer to the crowdsourcing demand. Just like 99designs it gives potential contractors access to a vast group willing to compete for projects without guarantees of getting paid for their work.

Pocket

この記事の投稿者

TJ Bruder

TJ Bruder Berlin Office

ベルリンオフィス責任者。
広告デザインや写真技術の教養を活かし制作業界で15年の経験を積み、Textilwirtschaft, JNC, Link Magazine, BBB Bulletin等、ヨーロッパの有力な雑誌のエディターを務める。日本、ヨーロッパの架け橋となるべく2013年川路蒼藝舎の事業へ参画した。日本企業のプレゼンテーションアドバイス、サプライヤーリサーチ、現地アテンドを担当。使用言語はドイツ語、オランダ語、英語、日本語。

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top