взять займ на карту

ターゲットが「使いやすい」と感じられる、国内の素敵なWebサイト

2014.07.03WEB
Pocket

多くの企業様が「ネットはビジネスに欠かすことができない!」という意識を持たれています。

d355758b65054537cb45624813630265_l

そうしてたくさんの企業サイト、ECサイトが世に出ているわけですが、最近ではWebのユーザビリティが非常に重要だとされていますよね。

「うちのサイトはどうすれば多くの人に使いやすいと思ってもらえるだろうか?」という問題に頭を悩ませているの方が多いのではないでしょうか?
しかし、あなたのサイトは果たして、「多くの人に使いやすいと思ってもらえるサイト」であれば売り上げにつながるのでしょうか?

 

 

さてここで、「使いやすさ」抜群な国内のWebサイトたちをご紹介します。

しかし、ただ使いやすいのではありません。ポイントは「ターゲット」と「企業イメージ」。

素敵なWebサイトたちを見ながら、なぜ見やすいのか、なぜ使いやすいのかを一緒に考えていきましょう。

 

1.医療法人 白山歯科クリニック

白山歯科

こちらのサイト、ターゲット層が広いため年配の方でも見やすいように、ひとつひとつのパーツデザインや文字が大きめに表示されています。
また、特にこのサイトでいいなと感じる点は、ズバリ「言葉選び」。
例えばリンクボタンを見てみると、「行き方」や「スタッフについて」など、ひらがなの多い日本語を使用しています。ひらがなを使用するだけで柔らかく、親しみやすい雰囲気が出ています。最近流行っているおしゃれなサイトでは英語表記のみのリンクボタンをよく見かけますが、中にはまだまだ英語に馴染みのないユーザーが多いので、ユーザビリティを考えるのであればあまりオススメはしません。
ユーザーがパッと見てすぐ知りたい情報の場所が分かるようなリンクボタンを設置することが大切です。

またこのサイトの言葉選びの工夫はリンクボタンだけでなく、コンテンツの文面にも表れています。清潔感は文章にも出ますね。

 

2.綾・早川農苑

早川農苑

ベースは白の背景&黒の文字。このシンプルなベースに大きく色鮮やかな写真を使用することで
メリハリのあるデザインに仕上がっています。
また、それぞれのコンテンツを色や区切り線で分けるのではなく、余白を上手に使うことのみで区別させています。たいてい、目立たせようとしてつい他の色を使いがちですが、このサイトの場合はあくまでも白と黒のベースを守り抜くことによって、より色鮮やかな野菜の写真を引き立てています。
新鮮な野菜を求めているユーザーに安心と信頼を与える、そんなサイトの作りになっています。

 

3.タニタ食堂

タニタ

ファーストビューで目に入るメイン画像には、タニタ食堂のコンセプトがきちんと書かれています。むしろ、3枚のメイン画像がありますが3枚ともコンセプトを唱えた画像になっています。逆に言えば、一番伝えたい内容というのはこのくらいアピールしないと見る者の心に響かないのかもしれません。
健康志向の強いユーザーが思わず目を引いてしまうような日本食の写真も、とても綺麗な写真を使っていますね。

 

4.大阪経済法科大学 入試情報サイト

大阪経済法科大学

背景にテクスチャを使用し、まるでコルクボードにメモ帳を貼っているようなコンテンツの分け方。
フォント選びに工夫が見られており、「学生向け」だからかしこまり過ぎず、しかし「入試情報サイト」だからポップになり過ぎず、といった絶妙なバランスがフォントによって保たれています。
また一番のメインコンテンツである入試要項も分かりやすく、丁寧にまとめられている印象です。

 

5.すみなび

すみなび

このサイトは他のサイトと違ってグローバルナビゲーションが多めです。通常、グローバルナビゲーションはなるべく少ない方が良いとされていますが、このような不動産サイトの場合は多くてもありだといえます。
なぜなら、不動産サイトに訪れるたいていのユーザーは自分の探す物件が「マンション」か、「一戸建て」か、それとも「土地」なのか、という「目的」を明確にしているからです。グローバルナビゲーションは最もユーザーの目を引くボタン。明確な「目的」をボタンとして設置している点はユーザーに親切ですね。

 

まとめ

いろんなWebサイトを見ていると、このように次々と新しい発見があります。
ネットで「Webユーザビリティ」と検索すると様々なユーザビリティの極意が書かれているブログがありますが、全ての企業サイトにそれらの極意が当てはまるものではありません。

Webサイト制作はそれぞれの企業に合った工夫の仕方でターゲットのユーザビリティを考えていく必要があります。

Pocket

このブログをリーダーで購読

rss feedlyで購読する
jump to top